このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24740
本文ファイル
Thumnail 61-0114.pdf 717 KB
別タイトル
瀬戸内海における海表面クロロフィルa濃度と有光層内クロロフィルa現存量との関係
著者
Yanagi, Tetsuo
キーワード
primary production
chlorophyll a
euphotic layer
satellite image
一次生産
クロロフィルa
有光層
衛星画像
NDC
地球科学・地学・地質学
抄録
瀬戸内海における海表面クロロフィルa濃度と有光層内クロロフィルa現存量との関係を調べた。瀬戸内海を9つの海域に区分し、観測結果からその関係を明らかにした。その結果、人工衛星による海色画像から各海域の一次生産量を見積もることが可能であることが明らかになった。
抄録(英)
The relationship between chlorophyll a concentration at the sea surface and standing stock of chlorophyll a in the euphotic layer in the Seto Inland Sea was investigated in order to estimate the primary production from the data of chlorophyll a concentration at the sea surface obtained from the ocean color image by a satellite. We may reasonably conclude that the standing stock of chlorophyll a in the euphotic layer and primary production can be estimated from the chlorophyll a concentration at the sea surface in the Sew Inland Sea.
掲載誌名
生物生産学研究
38巻
2号
開始ページ
121
終了ページ
129
出版年月日
2000-01
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧