このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45634
本文ファイル
別タイトル
Effects of a Combination of Cleanup Activity and Sport on Recruiting Volunteers <Technical Note>
著者
森 保文
前田 恭伸
淺野 敏久 大学院総合科学研究科 広大研究者総覧
キーワード
Web調査
スポーツごみ拾い
コスト・ベネフィット
ボランティア機会理論
Web survey
sport gomi-hiroi
cost benefit
theory of volunteer opportunity
NDC
社会
抄録
環境ボランティアの社会的重要性について注目が集まっており,ボランティア募集の様々な試みがなされている。その一例として,清掃活動とスポーツを組み合わせた環境活動を取り上げ,その参加者と普通の清掃活動の参加者とを比較した。その結果,この環境活動の参加者の60%は普通の清掃活動には参加していない人であったこと,また環境に関する活動について意向はあるものの実際には活動していなかった人が参加した傾向が明らかとなった。スポーツと環境活動が組み合わさることで,スポーツ競技への興味が参加理由の一つとなり, またチーム競技であることは直接的な参加依頼を誘発したことが示された。環境活動に別の要素を加えることや直接的な依頼を誘導するような工夫は,ボランティア募集において重要な考慮すべき点と結論された。
抄録(英)
There is growing interest in the social importance of environmental volunteers. In order to contribute to the development of a theory of volunteering, and of different mechanisms for recruiting volunteers, participants in an environmental activity that combined sport with a cleanup activity were compared with participants in a normal cleanup activity.
Results indicated that 60% of the participants did not take part in normal cleanup activities. Many of the volunteers had intended to participate in an environmental activity, but had not done so. It is likely that an interest in competition was a reason people participated in the combination of sport and environmental activity. Team sports generated face-to-face requests to participate. Results demonstrated that combining elements such as sports with environmental activities and creating mechanisms for promoting direct requests was important in recruiting volunteers.
掲載誌名
環境科学会誌
28巻
3号
開始ページ
230
終了ページ
240
出版年月日
2015
出版者
環境科学会
ISSN
0915-0048
1884-5029
NCID
出版者DOI
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2015 社団法人 環境科学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
関連情報URL(IsVersionOf)
https://ci.nii.ac.jp/naid/130005156540
部局名
総合科学研究科