このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28831
本文ファイル
別タイトル
Reformation of Regions and Japan
著者
若井 具宜
キーワード
サービス
人口・労働
ニュービジネス
世界標準
service
population
new business
world standar
NDC
社会
抄録
本稿の目的は、広島を始めとした地域経済を、長期的・世界的視点から再評価し、日本経済と併せた処方策を考えることにある。具体的には「経済のサービス化」、「人口・労働の動向」、「地域環境とニュービジネス」、「成熟経済と広域化・世界標準化」という地域経済および日本経済が共に直面する4つの大きな切り口から、地域と日本の双方に関わる変革の方向及び改善策を探って行く。結論としては「世界標準に適い、市民が何度でも挑戦しうる経済・社会・教育システムを早急に構築すべきである」ということであり、それには、国からの変革を待つのではなく、地域からも変革・接近を計らねば間に合わないのである。
抄録(英)
The aim of this paper is to evaluate regional and Japanese economic systems from long time and world wide viewpoints, and also to write prescription for them. We have four sections of viewpoints. They are ① service, ② population and labour, ③ environment and new business, and ④ world standardization. We should construct the new economic system which is elastic and world standardized. We don't have so much time in world wide competition.
掲載誌名
地域経済研究
20号
開始ページ
23
終了ページ
32
出版年月日
2009-03
出版者
広島大学大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センター
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧