このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44318
本文ファイル
別タイトル
Listening to Voices of Survivors and Victims of the Hiroshima Atomic Bombing: to Consider Problems Confronting Hiroshima <Research Reports>
著者
土肥 幸美
NDC
平和学
内容記述
本稿は、二〇一六年三月二十日(日)、広島大学(東広島キャンパス)において行われた、広島芸術学会・第一一四回研究発表例会にて口頭発表した原稿「伝承者と朗読劇―非体験者による被爆体験の語り継ぎについて」を基にしつつ、大幅に加筆・修正したものである。
掲載誌名
藝術研究
30号
開始ページ
45
終了ページ
53
出版年月日
2017-07-13
出版者
広島芸術学会
ISSN
0914-9872
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 by Author
部局名
総合科学研究科
他の一覧