このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17225
本文ファイル
別タイトル
The study of decorated pottery in Predynastic Egypt : A case study at el-Amrah
著者
関廣 尚世
キーワード
彩文土器
認知システム
出土状況
共伴関係
性別
decorated pottery
cognitive system
excavational context
assemblage
sex
NDC
アフリカ史
抄録
彩文土器はそれにかかる文様が画一的で、限られた時期に出現することから、ナカダII期の宗教的・象徴的な奢侈品として評価されてきた。一連の研究史の中には、個々の文様の意味や文様にグループを認め、その意味について考えたものが多いが、墓壙からの出土状況や被葬者との関係、共伴関係などについて深く追求したものは少ないといえる。本稿ではエル=アラム遺跡出土資料の資料を中心に、彩文土器を取り巻くこれらの属性も含めて実証主義的・多角的な考察を行った。この結果、彩文土器が副葬されるか否かということが、単純に貧富の差を示さないことを提示することになった。また、従来指摘されていた性別と副葬品の関係についても一定の傾向を示したといえる。そしてこのことは、先王朝期の人々の彩文土器に対する認知システムが、我々が認識しているよりもはるかに複雑であったということを示唆していると考えられる。宗教的・象徴的奢侈品として捉えられてきた彩文土器がそのような複雑な出土傾向を示すことこそ、重要である。
抄録(英)
Decorated pottery was estimated to be religious and symbolic luxury goods in Naqada II because of its stylistic pattern and limited use. There is little research concerning the excavational context, assemblages of archaeological artifacts and sex in serial work although many studies related to the meaning of each decoration type or group of decorations has already been accomplished. In this paper decorated pottery excavated at el-Amrah was treated empirically. It is supposed that there is little possibility to show a disparity in wealth whether someone was buried with Decorated pottery or not. It is also supposed that the connection between sex and burial goods without decorated pottery had some tendency as many reseachers had already pointed out. These results show that the cognitive system involved in the decorated ware was more complicated than we expected in the Predynastic period. It is important that the movement of decorated pottery which is accepted as religious and symbolic luxury goods were similarly complex.
掲載誌名
西アジア考古学
5号
開始ページ
91
終了ページ
105
出版年月日
2004
出版者
日本西アジア考古学会
ISSN
1345-6288
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2004 日本西アジア考古学会
部局名
文学研究科