このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 29916
本文ファイル
別タイトル
Determinants of Preventive Intentions for Endocrine Disrupters : An Application of the Protection Motivation Theory <Original Article>
著者
戸塚 唯氏
早川 昌範
キーワード
説得
態度変容
防護動機理論
脅威アピール
環境ホルモン
persuasion
attitude change
protection motivation theory
threat appeal
endocrine disrupters
NDC
心理学
抄録
防護動機理論(protection motivation theory: PMT)とはRogers(1983)によって提唱された脅威アピールの説得効果を説明するための理論である。本研究の目的はPMTに基づいて, 環境ホルモン(擬似エストロゲン物質)の対処行動意図を促進, あるいは抑制する要因を検討することであった。独立変数は, 脅威(高・低), 反応効果性(高・低), 反応コスト(高・低), 性(男性・女性)であり, 400人の被験者(男性200人, 女性200人)を16条件のうちの1つに割り当てた。その後被験者に説得メッセージを呈示し, さらに質問紙に回答させた。分散分析の結果, 脅威と効果性, 性の主効果が見いだされ, 脅威や効果性が大きいほど, また男性よりも女性の方が, 環境ホルモン対処行動意図が大きいことが明らかとなった。次に実験的検討を補うために, PMT認知要因(深刻さ, 生起確率, 効果性, コスト, 自己効力, 内的報酬), 性, 恐怖感情を順に説明変数に投入する階層的重回帰分析を行った。その結果, コストを除いたPMT要因と性, および恐怖感情が環境ホルモン対処行動意図に影響を与えていることが明らかとなった。
抄録(英)
Protection motivation theory (PMT) suggested by Rogers (1983) is one of the theories concerning threat appeal. The purpose of this study was to explore the determinants of preventive intentions for endocrine disrupters (estrogen mimics), by using the PMT framework. Independent variables were (1) threat (high or low), (2) response efficacy (high or low), (3) response cost (high or low), and (4) gender (men or women). Four hundred university students (200 men and 200 women) were assigned to one of 16 experimental groups. After experimental groups were exposed to threat messages, they were asked to respond to questionnaires. The results of ANOVA showed that preventive intentions for endocrine disrupters were promoted by threat and response efficacy, and the intentions of women were higher than those of men. Moreover, supplementary hierarchical regression analysis revealed that severity, vulnerability, response efficacy, self efficacy, intrinsic reward, gender and fear influenced the preventive intentions for endocrine disrupters.
掲載誌名
実験社会心理学研究
41巻
1号
開始ページ
26
終了ページ
36
出版年月日
2001-12-25
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
ISSN
0387-7973
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2001 日本グループ・ダイナミックス学会
部局名
教育学研究科