このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 27796
本文ファイル
別タイトル
A Study of the Nyāyamukha (IV)
著者
桂 紹隆
NDC
東洋思想
抄録(他言語)
-Synopsis-
5. Def. of dṛṣṭānta / 2c2-4
Verse 11
5.1. Sādharrnya- & vaidharmya-dṛṣṭānta / 2c5-11
5.2. Right formulation of dṛṣṭānta / 2c11-17
Verse 12
5.3. Dṛṣṭāntābāsa / 2c17-26, 5.4. Are two dṛṣṭāntas necessary? / 2c26-3a3
5.5. Inferential process and functions of pakṣa. hetu & dṛṣṭānta / 3a4-12
Verse 13
5.6. Dṛṣṭānta is necessary & it should be connected with hetu. / 3a12-20
5.7. Dṛṣṭānta in a popular syllogism criticized (1) / 3a20-b1
Verse 14
5.8. Dṛṣṭānta in a popular syllogism criticized (2) / 3b1-7
6. Closing words for §§ 1-5 / 3b7-9
(to be continued)
掲載誌名
広島大学文学部紀要
41巻
開始ページ
62
終了ページ
82
出版年月日
1981-12-15
出版者
広島大学文学部
ISSN
0437-5564
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧