このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 27570
本文ファイル
別タイトル
Towards the Reconsideration of a World View Created through Commentary <Special Issue : "The Author"; "The Writer" Part II.>
著者
NDC
東洋思想
抄録
日本における思想的言説を題材に「作者」及び「テクスト」を論じる場合、それは必然的に、わが国の思想の「注釈学」的ありようへの内省へと向かわざるを得ないであろう。

今日の私たちの「テクスト論」における「作者」や「読者」の問題と、江戸期の「注釈学的世界像」が内包する問題とは、どのように連続し、また断絶しているのか。柄谷の議論を批判的に継承しつつ、「注釈学的世界像」に対する今後の研究の展望を得る。
抄録(英)
Discussing the "author" and the "text" in the light of intellectual discourses inevitably leads us to reflect on the state of thought in this country which exists as "commentary."

How are the problems of "author" and "text" grappled by those of us who practice textual analysis connected with, or disjunct from, the problems contained in the world view created through a commentary in the Edo Period ? I will attempt to present an alternative perspective to the world view created through a commentary by critically elaborating on the theory of Kōjin Karatani.
掲載誌名
日本文学
41巻
1号
開始ページ
29
終了ページ
36
出版年月日
1992-01-10
出版者
日本文学協会
ISSN
0386-9903
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科