このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 26769
本文ファイル
別タイトル
The Thought of Pao Chin-yen (鮑敬言)
著者
下見 隆雄
NDC
東洋思想
抄録(英)
We think Pao Ching-yen was the thinker in 4 C, (A.D). We can know his thougt only at Chieh-Pao pien(詰鮑篇) in 'Pao-pu tzu'(抱朴子), written by Kê Hung (葛洪). In this article, I've shown Pao Ching-yen's thought which didn't recognize the monarchy, is connected with Ta-jen hsien sheng chuan (大人先生傳) written by Yuan Chi (阮籍).
掲載誌名
哲学
21号
開始ページ
65
終了ページ
80
出版年月日
1970-03-01
出版者
広島哲学会
ISSN
0495-2200
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧