このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28788
本文ファイル
別タイトル
Design of CRES Information System : On Designing and Managing a Sustainable System
著者
茅嶋 孝大
渡辺 展男
キーワード
システム設計
持続可能性
System design
Sustainability
NDC
総記
抄録
CRES情報システムは、地域経済システム研究センター(CRES)の活動目的の一つである「地域経済情報の整備と受発信」の機能を果たすために設計・構築されたシステムの総称である。本システムを構築するために、3台のサーバが導入されたのは1999年3月であり、既に3年目の運用期間に入っている。従ってコンピュータシステムについては、次世代システムへの移行を検討する時期となっている。システム移行の検討においては、CRES情報システムが現在提供しているサービスを改善しつつ引き続き提供するために、いわば持続可能なシステムの設計・運用管理の視点が必要である。本稿のねらいは、CRES情報システムの設計・運用管理方針を明確にすることを通して、システム移行に向けての検討材料の一つを提供することにある。
抄録(英)
The CRES Information System is a system which aims at communicating useful information on regional economy that CRES holds and opening its research outcomes.

Three years will have passed since current computer devices were installed to achieve the aim described above in March 1999. Hence it is time to study replacement of computer devices, operating systems and the installed softwares. In this study, it is important to design, so to speak, a sustainable system in order to maintain and to improve services given by the current system.

In this note, the authors define a policy of designing and managing of the current CRES Information System which includes library function, and emphasize importance of making manuals and documents of various processes. And they finally make a reasonable suggestion of plans of the next system with developed services and security.
掲載誌名
地域経済研究
13号
開始ページ
71
終了ページ
80
出版年月日
2002-03-31
出版者
広島大学経済学部附属地域経済システム研究センター
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧