このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28779
本文ファイル
別タイトル
Construction of Information Systems in Center for Research on Regional Economic Systems
著者
茅嶋 孝大
辻本 勝久
キーワード
情報化
システム
informatization
information systems
NDC
総記
抄録
地域経済システム研究センターでは、改組転換以来情報化を積極的に押し進めてきた。その目的はセンター活動目的の1つ「インターネットを用いた地域経済情報の整備と受発信」の実践である。この研究ノートの前半では、特にコンピュータシステムを利用した情報化への取り組み(ホームページサービス、データベースサービス、書誌情報検索サービス)について紹介する。後半においては、情報システム導入と実際の運用の際に注意すべきセキュリティ対策と管理上の注意点について述べる。
抄録(英)
The Center for Research on Regional Economic Systems (CRES) has promoted informatization actively since reorganization of former Research Center for Regional Economics. The objective of informatization is to practice one of the missions of CRES, that is, to enhance and utilize the web site of the CRES on the Internet and releasing research fruits to the society.

In the first half of this article, our three approaches to informatization using computer system, that is, web service, database service and bibliography information retrieval service, are introduced.

In the last half of this article, we describe security measures should be noted when introducing and operating the information system and notes in administration.
掲載誌名
地域経済研究
12号
開始ページ
65
終了ページ
80
出版年月日
2001-03-31
出版者
広島大学経済学部附属地域経済システム研究センター
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧