このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 50878
本文ファイル
著者
阿部 直紀
信原 智之
藤村 繰美
抄録
本研究は,“ハイブリッド・ユニット”で構成する運動学習プログラムを提案し,両種目に共通する動き方を整理するとともに,その学習順序や配列の有用性を明らかにすることを目的とした。そのために,球技ゴール型単元のハンドボールからバスケットボールへ移行する学習プログラムを「動きの形」に着目して設定し,実証的授業を行った。その成果として見えたことは,生徒は両種目の共通の動き方として攻守の切り替えを速くすることと,守備における「ライン」を意識した陣形を理解できたことである。そして,ハンドボールからバスケットボールへと組み合わせた単元によって,課題発見,問題解決の過程を踏まえ,その動き方についてよりわかりやすく学習することができたと結論づけることができた。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
61巻
開始ページ
166
終了ページ
177
出版年月日
2021-03-31
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧