このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 50495
本文ファイル
別タイトル
Overcoming Conflicts Ⅳ
著者
抄録
「対立をこえる力」の育成をめざした公民科の授業づくりにおける「社会的な見方・考え方」の意義に着目し,「社会的な見方・考え方」をどう捉えるべきかを考察した。専門科学者のディシプリンに着目し,社会認識モデルにおける事実認識の拡張が必要性を明らかにした。
抄録(英)
This study examined how to engender a social perspective and way of thinking. The study was carried out in view of the significance of "overcoming conflicts" during a civics course with the aim of fostering a "social perspective and way of thinking." The purpose of this study is to clarify the necessity for expanding the recognition of facts in the social recognition model.
掲載誌名
中等教育研究紀要
67号
開始ページ
13
終了ページ
19
出版年月日
2021-03-31
出版者
広島大学附属中・高等学校
ISSN
1349-7782
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧