このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 50494
本文ファイル
別タイトル
Effect of Using the Toulmin Model in Reading Expository Texts
著者
村髙 聡子
抄録
本稿では,説明的文章における要旨や要点の把握において,学習指導にトゥールミンモデルを活用することで,生徒は説明的文章の内容や構成,論理の展開について叙述を基に適確にとらえ,主張と論拠など情報と情報との関係についてつかむことから,読みが深まることを理解し,得た活用の視点を次の読みに能動的に生かそうとできるか,高等学校1 学年の教材,評論文「広告の形而上学」(岩井克人),「メディアがつくる身体」(荻上チキ)を取り上げて検証した。結果,学習時に行った問いを立てて読む活動の振り返り,初読の感想と学習を終えての感想の変容から,モデルを活用することで文章の構成,論理の展開について把握でき読みが深まったと自覚し,今後の読みに生かしたいという意欲や,両教材を比較して文章構造の違いに気づく見取りが可能な記述が見られた。
抄録(英)
This study aims to examine how teaching the Toulmin model helps students grasp the content, structures, and logical development of expository texts, deepen their understanding, and apply the reading experience to another text. Instruction was given to 10th year students using "Kokoku no keijijogaku"(by Iwai Katsuhito) and "Media ga tsukuru shintai"(by Ogiue Chiki). The students reported that the Toulmin model helped them grasp how the logic developed and deepened their understanding of the texts. Some reported that they were more motivated to make use of the knowledge acquired for future reading. Others reported that they compared the two texts and recognized the differences in structure.
掲載誌名
中等教育研究紀要
67号
開始ページ
3
終了ページ
12
出版年月日
2021-03-31
出版者
広島大学附属中・高等学校
ISSN
1349-7782
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧