このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15376
本文ファイル
著者
NDC
言語
教育
抄録
この短いレポートはCALL(Computer Assisted Language Learning)の有用性に関するものである。一般に,この領域での研究はまだ不足しているが,動機づけ・リーディング・リスニングの三つの分野に関しては,最近色々な研究結果や実践報告が出されている。ここでは,それらについて検討し,報告する。
抄録(英)
A lot of money is spent on Computer Assisted Language Learning (CALL). But is it an effective use of money? Do multitudes of hardware and software really help students improve their foreign language abilities? The answers to these questions seem to be "yes," yet very little research has actually tried to measure the benefits of various CALL activities. The main reason for the lack of findings is that research design and controls are very complicated. Researchers need to account for learner backgrounds and goals, teacher abilities and expectations, and measurement techniques, to name just a few variables. There has also been a lack of research simply because the field of CALL is so new. In any case, let us briefly look at recent CALL research and activities with respect to three areas of foreign language acquisition: motivation, writing, and listening.
掲載誌名
広島外国語教育研究
3号
開始ページ
145
終了ページ
147
出版年月日
2000-03-31
出版者
広島大学外国語教育研究センター
ISSN
1347-0892
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
外国語教育研究センター
他の一覧