このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33643
本文ファイル
著者
Skrjabin, Anatoly
Savva, Natallia
Belsky, Yury
Mataras, Anastasia
Hoshi, Masaharu
NDC
平和学
抄録(英)
Individual cumulative doses in all cases of infant leukemia developed after Chernobyl accident within the years 1986 and 1987 in residents of Belarus have been reconstructed. Totally, 20 children were included into this population-based study. The median cumulative dose was 0.21mSv.
掲載誌名
IPSHU English Research Report Series
28号
開始ページ
181
終了ページ
188
出版年月日
2012-03
出版者
広島大学平和科学研究センター
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2012 Institute for Peace Science, Hiroshima University
部局名
平和科学研究センター
他の一覧