このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33645
本文ファイル
著者
Tondel, Martin
Wålinder, Robert
Lampa, Erik
NDC
平和学
抄録(英)
A 24-year follow-up of total malignancies in Sweden after the Chernobyl nuclear power plant accident in 1986 shows a small increase in the incidence of malignancies when the average deposition of caesium-137 for each parish was used to classify the exposure.
掲載誌名
IPSHU English Research Report Series
28号
開始ページ
194
終了ページ
196
出版年月日
2012-03
出版者
広島大学平和科学研究センター
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2012 Institute for Peace Science, Hiroshima University
部局名
平和科学研究センター
他の一覧