このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30714
本文ファイル
著者
Rudokovskaya, Irina E.
NDC
平和学
抄録(英)
The paper is devoted to the examination of David Hume, William Robertson, and Edward Gibbon's views on the issues of war and peace. The author pays primary attention to the fundamental works of Britain's "historical triumvirate" and argues that the trends in further development of peace studies cannot be understood adequately without considering the importance to study historiographic tradition.
内容記述
Vestnik of the Tomsk State Pedagogical University Volume 1 (64) 2007. Special Issue: The Humanities: Peace Studies and Peace Discourse in Education
掲載誌名
IPSHU English Research Report Series
20号
開始ページ
39
終了ページ
51
出版年月日
2007-01
出版者
広島大学平和科学研究センター
ISSN
1881-7084
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
平和科学研究センター
他の一覧