このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 22979
本文ファイル
著者
田中 共子
NDC
教育
抄録
日本の大学における留学生指導体制は、段階的に展開を遂げてきたように思われる。それを第1期から第4期に分類し、それぞれ発展時期ごとの課題を述べた。第1期は特別の担当者がなく、個人的裁量で指導が行われる。第2期は個人単位の専門ポストが設置され、第3期は専門機関ができるが、補助的期待が濃く、問題対処の機能は活発化するが問題の局在化を招く。第4期は、専門機関のディレクタ一機能が増し、教育と予防が重視され、指導の任の再配分が生じ、問題の局在化を脱して大学の国際化が進展する。各段階で、業務の不定性と対応方略の恣意性に起因する葛藤が生じる。留学生指導の複合機能を明らかにし、現場でのコンセンサスを作るため、チェックリスト案を提供した。
掲載誌名
広島大学留学生センター紀要
8号
開始ページ
63
終了ページ
79
出版年月日
1998-03-01
出版者
広島大学留学生センター
ISSN
0917-2955
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
留学生センター
他の一覧