このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36500
本文ファイル
RIHE126.pdf 1.83 MB
別タイトル
An Anatomy of Educational Impacts toward University Students by Disaster-related Volunteer Experiences
著者
小林 功英
白川 優治
立石 慎治
村澤 昌祟
NDC
教育
目次
はじめに 小林 功英 i
第1章 大学における災害ボランティア活動の教育効果を検討するために 白川 優治・小林 功英・立石 慎治 1
第2章 分析の枠組 小林 功英・白川 優治・村澤 昌崇・立石 慎治 15
第3章 災害ボランティア経験者の素描 : ボランティアに至るまで 村澤 昌崇 19
第4章 災害ボランティア経験の実態 白川 優治・小林 功英 27
第5章 災害ボランティア経験が持つ大学生へのインパクト 小林 功英 37
第6章 大学や周囲の人との関係性 立石 慎治 44
第7章 インタビューを通してみるボランティア経験の受け止められ方 小林 功英・白川 優治・村澤 昌崇・立石 慎治 58
第8章 今後の展望 : 機関インタビューの結果を通じて 小林 功英・白川 優治・立石 慎治 75
おわりに 小林 功英 84
付録 : アンケート調査項目
掲載誌名
高等教育研究叢書
126巻
出版年月日
2014-03-31
出版者
広島大学高等教育研究開発センター
ISBN
978-4-902808-85-8
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
図書
広大資料タイプ
単行書
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
高等教育研究開発センター
他の一覧