このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48921
本文ファイル
別タイトル
Applicability of Measurement Methods in Higher Education: A Case Study of University Governance
著者
中尾 走
抄録(英)
The purpose of this study is to examine the validity of measurement using Item Response Theory (IRT) in the case of university governance. The main conclusions obtained in this paper are as follows: First, unidimensionality and local-independence were not satisfied. In other words, the research revealed that 32 items consisted of several subordinate concepts. Second, all 32 items cannot be treated as equivalent. Third, the governance of each university means that the concentration of authority is not important and is a combination. From these results, we can conclude that analysis from various viewpoints is necessary to clarify the effect of governance.
内容記述
本稿は,JSPS科研費JP25301046(基盤研究(B),研究代表者 秦由美子)で収集したデータの提供を受け,使用することをご快諾いただいた。
また,本研究推進に際し,以下の資金提供を受けた。JSPS科研費JP16H03780(基盤研究(B),研究代表者 村澤昌崇)・JP18K18651(挑戦的研究(萌芽),研究代表者 村澤昌崇)・JP19H00621(基盤研究(A),研究代表者 小林信一)。
掲載誌名
大学論集
52号
開始ページ
101
終了ページ
116
出版年月日
2020-03
出版者
広島大学高等教育研究開発センター
ISSN
0302-0142
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2020 by Author
部局名
高等教育研究開発センター
他の一覧