このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41514
本文ファイル
別タイトル
Ecological Environment and Multi-ethnic Society in Northeast India : A Case Study in the Brahmaputra Valley in Assam
著者
浅田 晴久
キーワード
アッサム州
氾濫原
民族
生態区
村落センサス
Assam
floodplain
ethnic group
ecological zone
village census
NDC
地理・地誌・紀行
抄録
本稿はインド北東地方,アッサム州ブラマプトラ川渓谷低地部における多民族社会の存立要因について,地域固有の生態環境とそれを基盤とした生業活動の観点から明らかにすることを目的とする。ミクロレベルの生態環境と対応させるために,既存研究で利用されてきた県・郡単位の統計データではなく,村落レベルのセンサスデータと現地の聞き取り調査を組み合わせて民族別の村落分布状況を調べた。その結果,調査対象としたブラマプトラ川渓谷東部のロキンプル県では生態環境の差異に応じて各民族がゆるやかに住み分けていることが判明した。各民族が居住する村落周辺の生態環境の差異は村落構造のみならず生業活動にも影響を与えている。アホムとミシン,スティヤという異なる民族の村落での観察により,生業活動の季節差,必要労働力の差,土地利用の差を利用する形で,人・家畜の往来,労働サービスの提供が村落間で生じていることが分かった。従来のアッサム州社会の研究では各民族の固有文化や社会慣習,宗教などが注目されていたが,新たに生態環境を基に地域を捉え直す視点を導入することで多民族社会の存立要因を明らかにし,現代的な課題の解決に貢献できる可能性があると思われる。
抄録(英)
Northeast India surrounded by Bangladesh, Bhutan, China and Myanmar is the place of multi-ethnic society. In the plain area of the Brahmaputra valley in Assam, mixing of different ethnic groups founded the basis of present society and culture, but also often caused the conflict and social disorder. This study aims to discuss how these people have traditionally coexisted in the Brahmaputra valley from the viewpoint of ecological environment. The study area is Lakhimpur district in eastern Assam where many ethnic groups like Ahom, Mishing, Kachari, Khamti, and Bengali live in. Both primary and secondary data were collected to investigate the village location, village structure and livelihood pattern by ethnic groups. From the GIS analysis, it was found that people in the study area lived in different ecological zone by ethnic groups. Each group has the unique livelihood pattern based on local ecosystem. For instance, the Ahom living in plain zone and the Mishing and Chutiya living in river island zone grow different crops in the different season of a year. They can interact with each other by exchanging their livestock and labor services. The fluctuation of micro environment of the Brahmaputra floodplain may enable the coexistence of the different ethnic groups.
内容記述
本稿の一部は科学研究費補助金・特別研究員奨励費「地域防災力の向上に向けた民族知の評価に関する研究-インド・アッサム州の事例から-」(研究代表者:浅田晴久,課題番号11J00348)を使用した。
なお、本稿の骨子は2012年度日本地理学会秋季学術大会(2012年10月,於・神戸大学),IGU 2013 Kyoto Regional Conference(2013年8月,於・国立京都国際会館)にて発表した。
掲載誌名
広島大学現代インド研究 : 空間と社会
4号
開始ページ
29
終了ページ
40
出版年月日
2014-03-25
出版者
広島大学現代インド研究センター
ISSN
2185-8721
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2014 広島大学現代インド研究センター
部局名
現代インド研究センター
他の一覧