このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41513
本文ファイル
別タイトル
Development of India Area Studies by Japanese Geographers since the 1980s
著者
岡橋 秀典 大学院文学研究科
キーワード
インド
地理学
経済自由化
農業
工業化
都市開発
India
geography
economic liberalization
agriculture
industrialization
urban development
NDC
地理・地誌・紀行
抄録
本稿では,インドを対象として日本の地理学者が行った研究を1980年代以降について整理し,その成果と課題を明らかにしようとした。これらの研究が行われた時期は,1980年代の経済の部分自由化期と,1991年以降の本格的な経済自由化期に当たり,停滞するインドから変貌するインドへの移行が明瞭になった時期である。最初に,長くインドの経済社会の中心にあった農業の変化と農村の開発に関する研究に触れ,次いで,経済自由化の中で大きな地域変化をもたらしたものとして,工業化と新たな工業地域の形成,都市化の進展と大都市の発展,経済発展にともなう空間構造の再編の順に,検討した。その結果,社会経済変化の実態とそのメカニズムについて多くの研究成果が得られていることが判明した。しかしながら,大都市や国土空間構造に関する研究は未だ少なく,今後の体系的アプローチが期待される。
抄録(英)
This article examined regional studies on contemporary India by Japanese geographers, specifically since the 1980s. These studies were undertaken during a period of partial economic liberalization in 1980s and the full-fledged economic liberalization since 1991. During this period, India’s transition from a stagnant to a dynamic economy became apparent. This paper investigated a variety of factors in India’s development. First it examined researches relating to the changes in agriculture and the rural development that were important to India’s economic development. Second, it examined the dynamic features and major regional changes as part of economic liberalization, which includes reorganization of spatial structures pertaining to industrialization and the formation of new industrial regions, the progression of urbanization and development of major cities, and economic growth. During this period, the research conducted by Japanese geographers yielded many important achievements and results based on fieldwork. In the research conducted in an era of economic liberalization and rapid economic growth, there are a number of studies that provide valuable insights into the socioeconomic changes in India’s cities and villages and the mechanisms behind them. However, research studies on metropolitan cities and nationwide spatial structures have only just got underway, and we hope for more systematic research on them will be undertaken in the near future.
内容記述
本稿はOkahashi(2013)をもとに,文献の大幅な拡充と本文の改稿を行ったものである。
掲載誌名
広島大学現代インド研究 : 空間と社会
4号
開始ページ
15
終了ページ
27
出版年月日
2014-03-25
出版者
広島大学現代インド研究センター
ISSN
2185-8721
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2014 広島大学現代インド研究センター
部局名
現代インド研究センター
文学研究科
他の一覧