このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49718
本文ファイル
別タイトル
Hiroshima University SDGs Awareness Survey
著者
山根 友美
目次
1. はじめに … 6
2. 調査概要 … 7
2.1 報告書の構成 … 7
2.2 調査手法 … 7
2.3 回答者の内訳 … 8
2.3.1 学生 … 9
2.3.2 職員 … 10
2.3.3 教員 … 11
3. 主な結果 … 12
4. 記述統計 … 15
4.1 SDGsの認知度 … 15
4.1.1 2020年のSDGsの認知度 … 16
4.1.2 2019年と2020年のSDGsの認知度の比較 … 17
4.2 SDGs実施に関するコミュニティへの期待度 … 18
4.2.1 学生(2020年) … 19
4.2.2 学生(2019年) … 20
4.2.3 職員 … 21
4.2.4 教員 … 22
4.3 SDGsの実施 … 23
4.3.1 学生 … 24
4.3.2 職員 … 25
4.3.3 教員 … 26
4.4 SDGs達成に向けた学際的アプローチ … 27
4.4.1 学生 … 28
4.4.2 教員 … 29
4.5 各ゴールに関する意識 … 30
4.5.1 学生(2020年) … 31
4.5.2 学生(2019年) … 32
4.5.3 職員 … 33
4.5.4 教員 … 34
4.6 だれがSDGsに対して責任を持つべきか … 35
4.6.1 学生(2020年) … 35
4.6.2 学生(2019年) … 36
4.6.3 職員 … 37
4.6.4 教員 … 38
4.7 NERPSの認知度 … 39
4.7.1 学生 … 40
4.7.2 職員 … 41
4.7.3 教員 … 42
1. Foreword … 44
2. Brief Overview of the Survey … 45
2.1 Outline … 45
2.2 Study Methods … 45
2.3 Breakdowns of Respondents … 46
2.3.1 Students … 47
2.3.2 Staff … 48
2.3.3 faculty … 49
3. Key Findings … 50
4. Descriptive Statistics … 53
4.1 SDGs Awareness … 53
4.1.1 The SDGs Awareness of 2020 … 54
4.1.2 The SDGs Awareness of 2019 and 2020 … 55
4.2 University Members’ Expectations to the Community regarding SDGs implementations … 56
4.2.1 Student 2020 … 57
4.2.2 Student 2019 … 58
4.2.3 Staff … 59
4.2.4 Faculty … 60
4.3 SDGs implementation … 61
4.3.1 Student … 62
4.3.2 Staff … 63
4.3.3 Faculty … 64
4.4 Multidisciplinary Approaches to Achieving the SDGs … 65
4.4.1 Student … 66
4.4.2 Faculty … 67
4.5 Perceptions on Individual Goals … 68
4.5.1 Student 2020 … 68
4.5.2 Student 2019 … 69
4.5.3 Staff … 70
4.5.4 Faculty … 71
4.6 Who should be responsible for each SDG in Japan? … 72
4.6.1 Student 2020 … 72
4.6.2 Student 2019 … 73
4.6.3 Staff … 74
4.6.4 Faculty … 75
4.7 Awareness about NERPS … 76
4.7.1 Student … 77
4.7.2 Staff … 78
4.7.3 Faculty … 79
内容記述
「令和元年広島大学女性研究者共同研究費助成制度」の支援を受けて行われた国際開発センター(the International Development Center of Japan: IDCJ)との共同研究の一環です。
この報告書は日本語と英語で作成しております。前半が日本語、後半が英語で構成されています。
This report is written in Japanese and English. The first half presents in Japanese and the second half presents in English.
開始ページ
1
終了ページ
79
出版年月日
2020-03
言語
日本語
英語
NII資源タイプ
研究報告書
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
国際協力研究科