このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 29666
本文ファイル
別タイトル
Infection Control Programs in Nagoya Daini Red Cross Hospital NICU <Workshop 1>
著者
八田 恵利
キーワード
新生児ICU
感染対策
環境感染対策
Neonatal Intensive Care Unit
Infection Control and Prevention
Environmental Infection Control
NDC
医学
抄録
免疫力も皮膚の組織も未熟である新生児を対象とするNICUの感染対策は, CDCガイドラインなどを指標としながらも, 確立されたものは少なく, 試行錯誤の状態である. 当院NICUでは, 1)スタッフの手洗いの徹底, 2)全ケア時に未滅菌手袋の着用, 3)物品の各新生児専用化, 4)簡易ゾーニング, などを柱として, 病原性菌種の伝播経路の遮断を目標に, 感染対策を行っている. また両親からの正常菌叢の定着を目指し, ガウンを廃止, タッチングケアやカンガルーケアを行っている. MRSA対策としては, 手指衛生の管理が感染対策の要であることを確認し, 物品とベッドの位置を固定し, 医療従事者の動線の交差を最小限にした. その結果, 毎月の新規MRSA保菌者は4%前後で推移し, 減少傾向となった. これらを含め当院NICUでの感染対策の一部について紹介する.
抄録(英)
In this presentation, we show a part of the infection control programs in Nagoya Daini Red Cross Hospital NICU. As the standard and the contact precaution, we 1) improve the hand hygiene technique, 2) wear not clean gloves for every neonate's care, 3) dedicate the use of noncritical patient-care equipment to a single neonate, 4) relocate the infected neonates to the limited area. For the normal bacterial skin flora, we have touch-care and kangaroo-care programs with their parents. MRSA surveillance in NICU could indicate the programs are effective. The immaturity of neonates' immunity and skin requires more stringent infection control programs than those of general health care facilities.
掲載誌名
日本新生児看護学会誌
13巻
2号
開始ページ
28
終了ページ
32
出版年月日
2007-03
出版者
日本新生児看護学会
ISSN
1343-9111
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2007 日本新生児看護学会
部局名
保健学研究科
他の一覧