このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30020
本文ファイル
別タイトル
Utility of a Japanese version of the Premature Infant Pain Profile <Materials>
著者
菅田 勝也
平田 倫生
草川 功
鈴木 智恵子
キーワード
痛み
新生児
評価
NICU
Pain
Neonates
Assessment
Neonatal Intensive Care Unit
NDC
医学
抄録
【背景】適切な疼痛管理には評価尺度が必要であるが, わが国には信頼性・妥当性が検証された新生児の疼痛評価尺度がない. 【目的】日本語版Premature Infant Pain Profile PIPPの信頼性・妥当性を検証し, 臨床及び研究で利用可能かを検討すること. 【方法】101名の早産児及び正期産児を対象に採血時にデータ収集を行った. 日本語版PIPPを用いて安静時, 接触時, 穿刺時, 終了時の反応を評価した. 分析は評価者間信頼性, 内的整合性, 構成概念妥当性を検討するために, 級内相関係数の算出, クロンバックa係数の算出, 繰り返しのある分散分析を行った. 【結果】30名の同一穿刺場面を4名の採点者が別々に評価した各項目の級内相関係数は, 0.87-0.93と高く, 内的整合性を示すクロンバックa係数は0.71であり信頼性は保たれていた. また穿刺時の得点は安静時, 接触時, 終了時のいずれの得点よりも有意に高く, 構成概念妥当性をも保たれていた。【結論】日本語版PIPPは, 新生児の疼痛評価尺度として国内での臨床及び研究で, 利用可能であると考えられた.
抄録(英)
Background: Assessment of neonatal infant pain is important for effective pain control; however, there is no pain scale for neonates in Japan.

Purpose: To establish inter-rater reliability, internal consistency and construct validity of a Japanese version of the Premature Infant Pain Profile (PIPP).

Method: 101 preterm and term neonates were measured under four conditions using the Japanese version of the PIPP; baseline, handling, skin puncture and after the procedure.

Result: Inter-rater reliability analysis among 4 nurses of the pain event score of the PIPP had an intraclass correlation coefficient of 0.87-0.93. Cronbach's alpha for the six items was 0.71, suggesting that the measurements demonstrated acceptable internal consistency. The mean total PIPP score for the pain condition (skin puncture) was significantly different from other conditions (baseline, handling and after the procedure), suggesting that the scale accurately discriminating between pain and nonpain conditions.

Conclusion: The Japanese version of the Premature Infant Pain Profile reliable and so a valid instrument for pain assessment in neonates.
掲載誌名
日本新生児看護学会誌
16巻
1号
開始ページ
28
終了ページ
33
出版年月日
2010-03
出版者
日本新生児看護学会
ISSN
1343-9111
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2010 日本新生児看護学会
部局名
保健学研究科
他の一覧