このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30018
本文ファイル
別タイトル
Verification of reliability and validity of a face scale for pain assessment of preterm infants (FSPAPI) <Original Articles>
著者
阿部 明子
キーワード
早産児
痛み
アセスメント・ツール
フェース・スケール
信頼性と妥当性
preterm infant
pain
assessment tool
face scale
reliability and validity
NDC
医学
抄録
本研究の目的は, 上部顔面運動の三次元行動解析により, 臨床で活用しやすい早産児の痛みのアセスメント・ツールとして開発したフェース・スケール(FSPAPI)の信頼性と妥当性を検証することである.

調査は, III次レベルのNICUにおいて16名の早産児に実施された61の処置場面(採血, 皮下注射, 栄養チューブ交換, 電極除去)について, 34名の看護師の観察によって行った. 評定者間信頼性はベッドサイドでの看護師間の観察結果の一致度を, 評定者内信頼性はベッドサイドの観察と同じ場面のビデオ録画との一致度を分析した. 妥当性については, PIPPによる併存妥当性を分析した.

評定者間信頼性について, 一致度は0.809(信頼できる一致度), κ係数は0.707(p<0.001)で「かなりの一致」を得ることができ, FSPAPIの同等性を確認できた. 評定者内信頼性については, 一致度は評定者間よりも低値で0.761と「満足できる一致度」ではなかったが, κ係数は0.626(p<0.001)であり, 「かなりの一致」を得ることができた.

FSPAPIで重要となる皺形成の判断は, ベッドサイドで直接観察するよりもビデオ画像のほうが難しく, そのため評定者内一致度は低く出ることが予想されていたが, 本研究ではかなりの一致を得ることができ, FSPAPIの安定性が得られたものと考える.

併存妥当性については, FSPAPIレベルとPIPPスコアの相関係数(ρ)は0.766(p<0.001)であり, 両者間に強い相関を確認することができた.

以上から, FSPAPIはPIPPよりも少ない項目, すなわち上部顔面表情のみを用いて, 早産児に実施されるベッドサイド処置に伴う痛みのアセスメントに使用できると考えられる.
The purpose of this study is to examine reliability and validity of the face scale for pain assessment of preterm infants developed by the applicant based on quantification of facial motions by 3-D behavioral analysis in order to facilitate pain assessment of preterm infants in clinical settings.

The investigation was conducted at three tertiary-level NICU facilities, with 61 recorded images of scenes from 16 preterm infants and observational data of 34 nurses. As for intra-evaluator reliability, agreement was 0.761, k coefficient 0.626 (pretty much agree), whereas for inter-evaluator reliability, agreement was 0.809 (agreement with reliability) and k coefficient 0.707 (pretty much agree). Dependence validity was compared with PIPP and was strongly correlated, with correlation coefficient (p) of 0.766 (p<0.001).

The reason why intra-evaluator reliability was lower than inter-evaluator reliability, which was high, was considered to be because of the poor quality of recorded images which were used for reproducing the scenes, due to low intensity of illumination at NICU. However, because of the good inter-evaluator reliability and good correlation with PIPP used for research, the scale developed by the applicant was considered to be convenient in clinical settings.
掲載誌名
日本新生児看護学会誌
16巻
1号
開始ページ
19
終了ページ
24
出版年月日
2010-03
出版者
日本新生児看護学会
ISSN
1343-9111
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2010 日本新生児看護学会
部局名
保健学研究科
他の一覧