このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17336
本文ファイル
別タイトル
A survey of current status of patient education and willingness to use disease management service programs in hospitals and clinics in Japan
著者
柘植 尚子
古井 祐司
中野 真寿美
田久 浩志
岩本 晋
キーワード
患者教育
患者指導
慢性疾患
生活習慣病
疾病管理
patient education
patient guidance
chronic disease
lifestyle diseases
disease management
NDC
医学
抄録
糖尿病、虚血性心疾患及び心不全について、わが国の医療機関での患者教育の実態及び問題点を把握し、患者教育の方向性を検討、さらに、今後、外部疾病管理サービスの受入れについて医療機関の意識や障害を明らかにすることを目的に調査を行った。内科を標榜する一般病床をもつ病院を病床規模ごとに全国から1,000病院、診療所100ヵ所を対象に、無記名自記式選択式質問紙による郵送回収調査を行った。322病院、26診療所を分析対象とした。結果、専門医、専門スタッフ、専門外来、患者教育プログラムの整備状況は病院規模が大きくなるほど高く、患者教育については200床未満の病院・診療所の実施割合は低く、内容も限定的であった。患者教育の問題点についてはスタッフ数・専門スタッフ不足及び看護師による教育が診療報酬対象にならないことが上げられ、5~6割の病院がこれを補完するための外部疾病管理サービスは条件が整えば採用したい意向を示した。
抄録(英)
We conducted a survey of patient education on diabetes mellitus, ischemic heart disease and heart failure, in order to identify the current status and problems concerning patient education at hospitals and clinics in Japan, to determine the future directions for patient education, and to explore the willingness and impediment of hospitals and clinics to accept external disease management service programs in the future. We registered 1000 hospitals and 100 clinics according to the number of beds from all over Japan among those with a department of internal medicine with a proportion of beds allocated to general patients. We sent anonymous self-administered selective questionnaires to these institutions and collected the responses by mail. Finally, 322 hospitals and 26 clinics were included for the analysis. Larger hospitals tended to be better prepared in t
掲載誌名
病院管理
43巻
1号
開始ページ
47
終了ページ
58
出版年月日
2006-01
出版者
日本病院管理学会
ISSN
0386-9571
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
保健学研究科