このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17335
本文ファイル
別タイトル
Factors related to supporting advance directives among the elderly in Japan
著者
松井 美帆
キーワード
アドバンス・ディレクティブ
高齢者
リビング・ウイル
支持要因
延命治療
価値観
advance directives
elderly
living wills
factors
life-sustaining treatments
personal values
NDC
医学
抄録
自分で意志決定できなくなった時に受ける医療に対する事前指示であるアドバンス・ディレクティブについて、在宅高齢者313名を対象にその支持と関連要因について調査を行った。調査内容は基本属性、健康・医療状況、終末期ケアに関する意向、価値観としての自律性、家族機能、向宗教性、死に対する態度であった。アドバンス・ディレクティブの支持は72.9%にみられ、そのうち54.9%が法制化に賛成していた。項目ごとに累積ロジスティック分析を行い、有意差のあった項目を独立変数として検討した結果、「リビング・ウイルの認知度」、「延命治療について人工呼吸器装着の拒否」、「向宗教性」、「死に対する積極的受容」が支持に関連していた。以上のことから、医療施設や療養の場に高齢者が急増する中、終末期ケアに関する啓蒙活動や価値観に配慮した上で死の準備教育を行うことなどにより、高齢者の自己決定を支援していく必要性が示唆された。
抄録(英)
Advance directives are legal documents that enable a person to make decisions about medical intervention in advance. We conducted a questionnaire survey to examine factors related to supporting advance directives. Of the 313 Senior Citizen's Club members, 72.9% supported advance directives, and 54.9% agreed to enshrine into law. Regression analysis revealed that members who support advance directives were more likely to have higher levels in recognizing living wills, wish to refuse receiving mechanical respiration in the terminal stage, strong attitudes towards religion, and approach-oriented death acceptance. These results suggest the need to educate the elderly about terminal care and to provide death education to help them in their decision-making processes that reflect their values.
掲載誌名
病院管理
41巻
2号
開始ページ
27
終了ページ
35
出版年月日
2004-04
出版者
日本病院管理学会
ISSN
0386-9571
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
保健学研究科