このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17334
本文ファイル
別タイトル
The interest and related factors concerning introductory educational activities as to terminal care among the elderly
著者
松井 美帆
キーワード
終末期ケア
教育
高齢者
リビング・ウイル
アドバンス・ディレクティブ
terminal care
education
elderly
living wills
advance directives
NDC
医学
抄録
本研究の目的は、終末期ケアの啓蒙活動への高齢者の関心とその規定要因を明らかにすることである。対象は中国地方の老人クラブ会員258名で、医療保健専門家による終末期ケアに関する教育講演については58.9%に関心がみられた。関連要因として年齢があり、前期高齢者に感心が高い傾向であった他、終末期ケアに関する家族や医療従事者との話し合いをはじめ、かかりつけ医の有無、家族機能、手術経験などが関連していた。一方、延命治療の意向では医師や家族に判断を任すとした非自己決定群が58.6~61.1%であり、リビング・ウイルをよく知っているものは12.2%であった。以上のことから、前期高齢者の世代から家族や医療従事者との関係に配慮した上で、自分の意向を事前に周囲と話し合っておくことやアドバンス・ディレクティブについて啓蒙活動を行うことの重要性が示唆された。
抄録(英)
The purpose of this study was to clarify elderly interest in medical professional's lecture as to terminal care, and related factors. Subjects were 258 Senior Citizens' Club Members, 58.9% were interested. Age was a related factor, that is, younger elderly were more interested. Other factors such as discussion about terminal care with family or medical staff, consulting family physician, family function, and experience in surgery were associated with their interest. On the other hand, more than half rely on doctor or family to do decision-making about life-sustaining treatment, if impossible to recover and only 12.2% understood living wills well. Therefore it is important to educate younger elderly to have discussion about end-of-life issues and advance directives in consideration of the relationship with their relatives.
掲載誌名
生命倫理
14巻
1号
開始ページ
65
終了ページ
74
出版年月日
2004-09
出版者
日本生命倫理学会
ISSN
1343-4063
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
保健学研究科