このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15002
本文ファイル
別タイトル
The relationship between life expectancy and indexes of socioeconomy and nutrition at the prefectural level
著者
高 俊珂
キーワード
平均寿命
社会・経済指標
栄養指標
life expectancy
socioeconomic factors
nutrition indexes
NDC
医学
抄録
日本は世界一の長寿国として知られている.その関連因子を探るため,さまざまな視点から研究されている.本研究は2000年における都道府県別の平均寿命,世帯における夫婦の就業状況,医療資源,医療費,栄養素摂取量などの指標を用い,日本人の平均寿命と関連する因子を明確にすることを目的にした.その結果,就業状況は男女の平均寿命と関連していることが示唆された.特に,男性の関連因子のなか,就業状況との関連性が最も強かった.医療指標に関しては,女性において,医療資源の充実は長寿につながることが示唆された.その他,男性において,生活習慣の一部を反映する指標は関連因子になった.女性では,栄養に関する指標は重要な関連因子の一つと考えられた.さらに,喫煙は男女の平均寿命と負の関連があったことも示唆された.
抄録(英)
It is well known that Japanese people have the longest life expectancy in the world at present. Variouspoints of view which focus on causal contexts are reported. The present study used a database at theprefectural level in Japan, which included Japanese life expectancy at birth, employment types of thehousehold, medical resources, medical expenses, and nutrition indexes in 2000. The purpose of the studywas to clarify the major related factors on Japanese life expectancy. The results suggest that theemployment types of the household had an effect on both men and women; however, the strongest effectwas seen among the related factors for men. Medical resources were also linked with longevity for womendue to the presence of substantial medical services. The indexes related to lifestyle habits appeared to beassociated more with life expectancy for men, while nutrition indexes contributed strongly for women. Itwas also suggested that smoking had a negative effect on life expectancy for both men and women.
掲載誌名
広島大学保健学ジャーナル
5巻
2号
開始ページ
62
終了ページ
69
出版年月日
2006
出版者
広島大学医学部保健学科
ISSN
1347-7323
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
保健学研究科
他の一覧