このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 229
本文ファイル
別タイトル
The role of astrocytes during repair of cerebral infarction in mdx mice
著者
若居 佐恵子
原 温子
森永 慎也
山田 崇史
堤 惠理子
梶原 博毅
キーワード
ジアストロフィン
グリア線維性酸性たんぱく
実験的脳梗塞
dystrophin
glial fibrillay acidic protein
cerebral infarction model
GFAP
抄録
様々な大きさのジストロフィンアイソフォーム(427kDa, 260kDa, 140kDa, 116kDa, 71-75kDa)が広く体内に存在していることはよく知られている.中枢神経系においては71-75kDaのDp71が著明に多く,毛細血管の内皮の基底膜に接しているアストロサイトの細胞質に局在することが報告されている.しかしながらDp71の機能についてはよくわかっていないことが多い.そこで今回,脳組織におけるDp71の役割を調べるために,コントロールマウス(wild-typeマウス)およびデュシャンヌ型筋ジストロフィーモデル動物であるmdxマウスを用いて実験的脳梗塞を作成し,その治癒過程を形態学的に観察した.また,GFAPおよびDp71に関して生化学的に分析をおこなった.HE染色およびGFAP免疫組織学的染色の結果から,形態学的にはmdxマウスとコントロールマウスの脳に違いは認められなかった.しかしながら,mdxマウスの脳において,Dp71の発現量がコントロールマウスよりも少ないことがわかった.またmdxマウスにおいて,脳梗塞の修復過程におけるアストロサイトの反応がコントロールマウスよりも弱いことがわかった.これらの結果から,mdxマウスの脳において,アストロサイトの機能,アストロサイトの血管新生に関わる機能の障害されていることが示唆された.
抄録(英)
It is now well known that dystrophin isoforms (427kDa, 260kDa, 140kDa, 116kDa, 71-75kDa) are widely distributed throughout our body. In the central nervous system a considerable amount of Dp71 (71-75kDa) is found in the perivascular cytoplasm of the astrocytes. However, the function of this dystrophin is still unknown. To investigate the role of Dp71 in the brain tissue, cerebral infarction was induced in the control (wide-type) mouse and mdx mouse which is known as an animal model of human muscle dystrophy (Duchenne type), and morphological changes of the infarcted area were observed during repair of the infarction. In addition, biochemical analysis of GFAP and Dp71 was carried out in the brain of the control and mdx mouse. In our present study, there were no differences in brain morphology between mdx and control mouse as revealed in H-E stain and GFAP immunohistochemistry. However, the Dp71 were smaller in quantity in the brain of the mdx mouse than that of the control mouse. The reaction of astrocytes during repair of serebral infarction was distinctly delayed in the mdx mouse compared with that of the control mouse. These findings suggest that the astrocytes in the brain of the mdx mouse are functionally impaired including perivascular cytoplasmic processes with relation to neo-vascularization.
掲載誌名
広島大学保健学ジャーナル
2巻
1号
開始ページ
26
終了ページ
33
出版年月日
2002-09-30
出版者
広島大学大学院保健学研究科
ISSN
1347-7323
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
保健学研究科
他の一覧