このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33064
本文ファイル
別タイトル
Analysis of Dynamic Knee Motion during Drop-Jump Landing
著者
菅田 由香里
田中 浩介
浦辺 幸夫
キーワード
膝関節回旋運動
着地動作
膝前十字靭帯損傷
tibiofemoral motion
drop-jump landing
drop-jump landing
ACL (Anterior Cruciate Ligament)
NDC
医学
抄録
本研究では,大腿部と下腿部の回旋を個別に測定できる装置を作製し,スポーツ動作中の膝関節の回旋運動を捉えることを目的に行った。着地動作について,特にACL損傷が発生しやすいとされる着地動作初期に注目し,膝関節運動を解析した。対象は下肢に既往のない学生30名(男性15名,女性15名)とした。結果として,大腿に対する下腿の回旋(膝関節回旋)は男性については静止立位から踵接地にかけて外旋することが明らかとなった。女性については膝関節が外旋するものと内旋するものに二分された。したがって,正常膝であっても女性では着地動作初期において,膝関節の外旋も内旋もありうるということが明らかとなった。
抄録(英)
ACL injuries often occur in landing from a jump during sports participation, so this study focused on knee joint movement in drop-jump landing. A series of drop-jump landings were quantified using a derice we developed which is designed to evaluate tibiofemoral motion in succession, from the starting position to the landing position. Thirty students (15 males and 15 females) who had no past history of knee injury volunteered for this study. The results show that male subjects demonstrated external rotation between the tibia and femur. On the other hand, both internal and external rotation of tibia was observed for female subjects. Consequently, internal and external rotation of tibia can be observed in drop-jump landing in uninjured females.
掲載誌名
理学療法科学
23巻
1号
開始ページ
145
終了ページ
149
出版年月日
2008-02-20
出版者
理学療法科学学会
ISSN
1341-1667
NCID
出版者DOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2008 理学療法科学学会
関連情報URL
部局名
保健学研究科