このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32189
本文ファイル
別タイトル
A Clinical Research on the Effectiveness of an Infant Massage Program in NICU to Improve Mental Status among Preterm Infants' Mothers
著者
布施 和枝
鈴木 智恵子
平田 貴子
岡島 有希
畠山 真由子
キーワード
早産児
母親
タッチケア
NICU
母子相互作用
NDC
医学
抄録
NICU・GCUからの子どもの退院を控えた早産体験をした母親32名を対象としタッチケア介入群(16名)と対照群(16名)に無作為に割り付け介入の効果を比較した。データ収集項目は, Profile of Mood Stateと花沢の対児感情評定尺度で,介入群では介入前後と退院直前の計3回,対照群では初回母子同室時と退院直前の計2回,各尺度の調査を実施した。対児感情評定尺度では両群における有意な差は見られなかったが,退院直前のPOMS得点は緊張-不安,抑うつ,怒り-敵意,疲労,混乱の5つの項目において,介入群は対照群と比較すると有意に低かった。これらの結果からタッチケア指導は早産体験をした母親の心理面によい影響を及ぼすことが示唆された。
掲載誌名
小児保健研究
70巻
6号
開始ページ
731
終了ページ
736
出版年月日
2011-11-30
出版者
日本小児保健協会
ISSN
0037-4113
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2011 日本小児保健協会
部局名
保健学研究科