このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 29680
本文ファイル
別タイトル
Ethic of nursing information in clinical practice <Issue>
著者
藤田 比左子
キーワード
倫理
看護情報
情報の活用
データ・セキュリティ
意思決定
Ethic
Nursing information
Utilization of information
Security
Decision making
NDC
医学
抄録
2005年に個人情報保護に関する法が施行され, 情報に対する社会の関心が集まっている. しかし, 医療関係者には, 古代ギリシアの時代から, 厳しい倫理性が要求され続けてきた, 情報化社会をむかえた現在, あらためて, 情報の意義と倫理の意味を見直し, 情報倫理の歴史的背景をふまえることにより, 看護実践の場における看護情報の倫理性を検討した.

情報は, 単なる「しらせ」ではなく, 意思決定のもととなることから, 活用されることにその意義がある. 情報の機密性や守秘のみを強調していては, 情報の活用度が低下する. それは, 情報の倫理性からみても, 情報の適切なあり方とはいえない. OECDのプライバシー勧告, 情報のセキュリティ, 情報伝達の原則などから, 看護情報の倫理性をみても, 機密性や守秘は一部に過ぎず, むしろ活用を高めるための原則が広く明示されていることがわかる. また, 倫理は, 法律とは異なり, 個人の判断や行動を起こすための規範であるため, 看護情報の取り扱いについては, 個々の看護職がその倫理性を理解した上で, 適切な行動ができることがのぞましいと思われる. そして, 看護職は, 毎日の実践の中で, 多くの情報を取り扱うことから, 常に情報の倫理性を遵守することが必要である.

看護職は, 何よりも情報を保護しながら, 最大限に情報を活用することで, 効果的な看護援助を決定し, 実践することが, 看護情報の倫理性においては, 重要である.
抄録(英)
People have been interested in topics of information because The Personal Information Protection Law was completely enforced on 2005 in Japan. The health care workers have continued to be demanded to have ethical responsibility from the age of ancient Greece. Information has not only the meaning of communication tool but also the meaning of leading to decision making of the effective nursing practice. However, it is supposed that the level of information to utilize is low when only the confidentiality of information is focused. According to Recommendation of the Council Concerning Guidelines Governing the Protection of Privacy and Transborder Flows of Personal Data by OECD, Information security by the International Medical Informatics Association, and informational nature, I can find the utilization of information including data confidentiality. Ethics are moral or rule that each nurse has, not been forced. It is suggested that ethical nurses will utilize clients' information to make decisions in clinical practice.
掲載誌名
日本新生児看護学会誌
14巻
1号
開始ページ
9
終了ページ
15
出版年月日
2008-03
出版者
日本新生児看護学会
ISSN
1343-9111
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2008 日本新生児看護学会
部局名
保健学研究科
他の一覧