このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 29674
本文ファイル
別タイトル
Effect of Light Environment for Preterm Infant in NICU and GCU <Review>
著者
キーワード
早産児
新生児集中治療室
光環境
照度
臨床研究
preterm infant
Neonatal Intensive Care Unit
light environment
light level
clinical research
NDC
医学
抄録
NICUとGCUの光環境が早産児に及ぼす影響に関する31件の国内外の先行研究をレビューし, その傾向と結果を踏まえ, 日本におけるNICU及びGCUの光環境の調整に関する実践上の課題や研究上の課題を考察した. その結果, 次の5点が明らかとなった. 1)NICUとGCUの光環境が早産児に与える影響には, 「未熟児網膜症への影響」, 「生理学的・行動学的反応への影響」, 「退院時の医学的アウトカムへの影響」, 「退院後のサーカディアンリズム確立への影響」, 「安全性への影響」があった, 2)1980年代以降, 年代を経るごとに早産児にとって最適と考えられる光環境は変化し, 現在, 全体照明に関しては明暗周期のある光環境が良いと考えられていた, 3)処置やケア時に用いられる個別照明に関する光環境の検討は不足していた, 4)実践上の課題としては, 日常的な照度測定とその評価光環境の調整法の検討が必要と考えられた, 5)研究上の課題としては, 光環境の調整に関する看護ケアの効果について. より説得力のあるエビデンスを示すための研究デザインや方法が必要であった.
抄録(英)
I reviewed 31 articles to understand the effect of light environment for preterm infants in NICU and GCU, and identify further research needs and clinical practice in Japan. In conclusion, 5 point were considered. 1) The effects of light environment for preterm infants were incidence of ROP, physiorosical or behavioral responses, medical outcome at discharge, development of circadian rhythm after discharge and patient safety. 2) After 1980s, the light environment of NICU and GCU have changed. At present, light/dark cycling of ambient light have suggested as possible benefit. 3) The research about individual lighting are few, so further research was required. 4) In clinical settings, a daily survey and assessment of the unit using a light meter would be useful for lighting strategy. 5) In research, more strong design and procedure was required to prove the nursing care of adjusting light environment.
掲載誌名
日本新生児看護学会誌
13巻
3号
開始ページ
6
終了ページ
17
出版年月日
2007-12
出版者
日本新生児看護学会
ISSN
1343-9111
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2007 日本新生児看護学会
部局名
保健学研究科
他の一覧