このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 29669
本文ファイル
別タイトル
Issues of tube fixation related frequency of unplanned extubation <Workshop 2>
著者
内田 美恵子
宇藤 裕子
入江 暁子
長内 佐斗子
井出 亜樹
石井 玉起
岡田 佳子
キーワード
気管内チューブ固定法
予定外抜管
予定外抜管頻度
tube fixation
unplanned extubation
frequency of unplanned extubation
NDC
医学
抄録
日本新生児看護学会NICU看護技術標準化検討委員会は, より適切な気管内チューブ固定法や評価基準を明らかにする必要があると考え, 「気管内チューブの固定法を考える」というテーマでワークショップを3回企画してきた: 1)固定法の適正を評価するための基準や固定法の課題について; 2)予定外抜管を防止するための取り組みについて; 3)デルファイ調査をもとに選出された固定法の比較調査結果の報告と予定外抜管の頻度からみた固定法の検討.

先行研究, デルファイ調査, 比較研究, 予定外抜管頻度調査を通して, 新生児の気管内チューブ固定法として推奨できるのは, 口角固定はII-E, 口唇中央固定はI-E, I-7, II-10と考えられた. 絆創膏面積は, チューブ固定部の負荷(呼吸器回路の重さ)や新生児のサイズを考慮し個別に決める必要があることが明らかになった.
掲載誌名
日本新生児看護学会誌
13巻
2号
開始ページ
43
終了ページ
49
出版年月日
2007-03
出版者
日本新生児看護学会
ISSN
1343-9111
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2007 日本新生児看護学会
部局名
保健学研究科
他の一覧