このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 770
本文ファイル
別タイトル
Auditory Event-related Potentials in Patients with Multiple Cerebral Infarction
著者
趙 金花
キーワード
多発性脳梗塞
聴覚性事象関連電位
P300
認知機能
Habituation
NDC
医学
抄録
本研究の目的は,臨床的に痴呆を認めない慢性全期多発性脳梗塞患者の認知機能を聴覚性事象関連電位を用いて客観的に評価することである。多発性脳梗塞患者12例,健常者10例で事象関連電位を記録した。本研究の特徴はhabituationを検討するために聴覚性事象関連電位を90回連続記録したことである。90回の反応を9 block (1 block =10回加算)に分割し, Fz, Cz, Pzで記録されたN100とP300頂点潜時及び振幅を三元配置分散分析(群×電極×block)で解析した。多発性脳梗塞群では,対照群に比較してN100潜時とP300潜時の有意な延長及びP300振幅の有意な低下がみられた(p<0.05)。また,連続刺激により多発注脳梗塞群では,P300海防が次第に延長し,N100振幅が次第に低下するhabituationがみられ,健常対照群とは異なる変化がみられた。明らかな痴呆を認めない多発性脳梗塞患者においても,潜在的な注意,認知,情報処理機能障害の存在が示唆され,90回連続記録を行うことにより,habituationに関連した病的変化を検出することができた。
抄録(英)
In the present study, we examined auditory event-related potentials in 12 non-demented patients with multiple cerebral infarction and 10 normal controls. We performed continuous recording of 90 responses induced by rare stimulation, and 90 responses were divided into nine blocks (one block=10 responses). Latencies and amplitudes of N100 and P300 recorded from Fz, Cz and Pz were analyzed by 3-way ANOVA (Group × Electrode × Block). In patients with multiple cerebral infarction, N100 and P300 latencies were significantly prolonged and P300 amplitudes were significantly decreased compared with normal controls (p<0.05). In continuous recording, P300 latency gradually prolonged and N100 amplitude gradually decreased in patients with multiple infarction but not in normal controls. We suggest that subclinical impairment of attention and cognition may exist in non-demented patients with multiple infarction and that continuous recording of 90 responses would be useful to detect delicate pathological changes related with habituation.
掲載誌名
広島大学医学雑誌
51巻
2号
開始ページ
59
終了ページ
65
出版年月日
2003-04-28
出版者
広島大学医学出版会
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
0018-2087
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
医歯薬学総合研究科
他の一覧