このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 767
本文ファイル
別タイトル
A Screening System for Toxic Chemicals in Biological Samples
著者
内海 兆郎
キーワード
Toxicology
Biological sample
Screening system
Bedside
NDC
医学
抄録
日本中毒学会「分析のあり方検討委員会(現分析委員会)」による,分析結果が治療に有用とされる15品目の中毒起因物質のうち,テオフィリンを除外した14品目について,臨床現場で得られる少量の生体試料からどれだけ迅速に何種類の検査が可能であるかについて検討した。本システムを構築するにあたり,生体試料を分析対象とした検査法のなかった有機リン系農薬,アセトアミノフェンは独自に開発し,環境検査用に市販されている検出キット(メタノール,青酸化合物,ヒ素化合物)は,生体試料に適用できるよう検討した。その結果,市販されていた5種のキット,独自に間発した2種の検出キットと2種の反応系によって,試料(尿および血清)1mlから14品目の中毒起因物質を1名の検査者が2時間で推定できた。また,実際の中毒4例に本システムを用いたところ,中毒起因物質の推定が可能であった。それぞれの検査法は注意点や改良点がいくつかあるが,臨床現場で得られる少量の試料から中毒起因物質の推定が可能となり,治療方針を決定するうえで有用であることが示唆された。
抄録(英)
In order to rapidly screen toxic chemicals in a small amount of biological sample collected from an intoxicated patient at bedside, a simple screening system was developed. The following chemicals were identified for screening: carbamate, methanol, glufosinate, organophosphorus pesticide, bromvalerylurea, salicylate, arsenide, benzodiazepine, methamphetamine, barbiturate, tricyclic and tetracyclic antidepressant, acetaminophen, paraquat, cyanide and theophylline. In this study, all of the above chemicals except theophylline were analyzed by the screening system. Theophylline concentration in blood is routinely monitored at clinical laboratories, so it was not analyzed in this study. Screening methods used were 7 kits and 2 reactions. Fourteen toxic chemicals in 1 ml of urine sample and serum sample were screened in about 2 hr. The proposed screening system was applied to 4 different cases of intoxication by organophosphorus pesticide, acetaminophen, paraquat and glufosinate. Each toxic chemical was detected. This proposed screening system seems to be useful to rapidly screen toxic chemicals in a small amount of biological sample collected from an intoxicated patient at bedside.
掲載誌名
広島大学医学雑誌
50巻
5/6号
開始ページ
145
終了ページ
153
出版年月日
2002-12-28
出版者
広島大学医学出版会
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
0018-2087
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
医歯薬学総合研究科
他の一覧