このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 610
本文ファイル
別タイトル
Identification of Clinicopathological and Molecular Prognostic Factors in Patients of Gastric Cancer by Multivariate Analyses
著者
西本 直樹
キーワード
胃癌
分子生物学的因子
腹膜再発
肝再発
予後予測因子
NDC
医学
抄録
胃癌において臨床病理学的因子及び分子生物学的因子を用い, 予後予測因子, 特に腹膜及び肝再発予測因子について多変量解析により検討した。当科で切除された原発胃癌切除症例165例について分子生物学的因子として, c-erb-B2,c-met, K-sam, proliferating cell nuclear antigen(PCNA), Platelet-derived endothelial cell growth factor(PDECGF), Vascular endothelial growth factor(VEGF), E-カドヘリン, β-カテニン, Matrix metalloproteinase 2(MMP-2), Matrix metalloproteinase 9(MMP-9)の発現について免疫組織学的染色を施行した。これらの因子の中で単変量解析によりc-met, K-sam, PCNA, PDECGFが予後予測因子となり得ることが認められた。さらにロジステックモデルによる多変量解析により, 腹膜再発に関してはリンパ節転移, 間質型, K-samおよびc-metの両者陽性群, 肝再発に関しては, 深達度, MMP-9が有意な独立した再発予測因子であった。Coxの比例ハザードモデルを用いた多変量解析による予後予測因子の検討ではリンパ節転移, 深達度, 間質, K-sam及びc-met両者陽性群が独立した因子であった。従って, 本研究により胃癌の予後予測因子に関して, 臨床病理学的因子に分子生物学的因子を加えて検討することがより有用であることが示された。
抄録(英)
In the present study, in order to elucidate the important predictive factors for the prognosis, liver metastasis and peritoneal metastasis in gastric carcinomas, immunohistochemical analyses were performed on 165 surgically resected cancer specimens of the stomach. We investigated the correlation between clinicopathological factors and the expression of 10 molecular markers including c-erb-B2,c-met, K-sam, proliferating cell nuclear antigen (PCNA), Platelet-derived endothelial cell growth factor (PD-ECGF), Vascular endothelial growth factor (VEGF), E-cadherin, β-catenin, Matrix metalloproteinase 2 (MMP-2) and Matrix metalloproteinase 9 (MMP-9). Lymph node metastasis, scirrhous type and coexpression of K-sam and c-met were prominent independent predictive factors for peritoneal metastasis, and the depth of invasion and expression of MMP-9,for liver metastasis, respectively. Moreover, Cox's multivariate proportional hazards analyses revealed that the depth of tumor invasion, lymph node metastasis, scirrhous type and coexpression of K-sam and c-met were independent prognostic indicators for patients with gastric carcinoma. From these results, it is concluded that analyses with both clinicopathological factors and molecular markers will be more useful for the prediction of the prognosis of gastric cancer patients.
掲載誌名
広島大学医学雑誌
49巻
6号
開始ページ
171
終了ページ
188
出版年月日
2001-12-28
出版者
広島大学医学出版会
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
0018-2087
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
医歯薬学総合研究科
他の一覧