このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 609
本文ファイル
別タイトル
Experimental Study about Intraosseous Blood Flow and Bone Volume in Tail-suspended Rat Model
著者
中増 正寿
キーワード
骨髄内血流
骨粗鬆症
尾部懸垂ラット
NDC
医学
抄録
尾部懸垂ラットにおける, 下肢骨髄内血流の変化と, 骨塩量, および骨形態計測パラメーターの変化の関係を検討した。さらに, 骨粗鬆症治療薬の一つであるエルカトニンを投与し, 骨髄内血流の変化を観察した。

水素クリアランス法を用いて脛骨近位部の骨髄内血流を測定した後反対側の脛骨近位部を摘出し, 骨塩量濃度(BMD), マイクロCT装置(μ-CT), 組織学的骨形態計測を行った。さらにエルカトニン投与尾部懸垂ラットについても同様の検査を行った。これらによって, 以下の結論を得た。
1)尾部懸垂ラットの脛骨近位部骨髄内血流量は, 懸垂5日群から有意に低下していた。
2)尾部懸垂ラットでは, 早期の段階から特に骨吸収を示すパラメータの有意な上昇が見られたが, 統計学的に有意に骨髄内血流量と相関していたのは, μ-CT検査におけるMean Intercept Length(MIL)のみであった。
3)エルカトニン投与尾部懸垂ラットでは, 溶媒投与群と比べて有意に骨髄内血流量が上昇していた。
4)尾部懸垂ラットにおいて, 骨髄内血流が骨吸収を抑制することによって骨リモデリングに影響している可能性があり, エルカトニン投与における骨髄内血流量増加が, 骨吸収を抑制することによって骨量低下を抑制している可能性が示唆された。
抄録(英)
We measured intraosseous blood flow of proximal tibia with the hydrogen washout technique, after that, we excised the opposite side tibia for measuring the BMD with DXA, and morphologic parameters with micro-CT, and histological morphologic parameters. And we measured the same way in the Elcatonin-administrated tail-suspended rats.

Our conclusions are :
1) The intraosseous blood flow in the tail-suspended rat was statistically lower than the control rat even the 5-day suspension group.
2) Increase of the absorption parameter was observed in the early phase of the tail-suspension, but there is no statistically relationships between the blood flow and the morphological parameters without MIL.
3) Elcatonin administration made intraosseous blood flow increase in the tail-suspended rat.
4) Intraosseous blood flow may give the influence bone remodeling by restraint of the bone absorption, and increase of the intraosseous blood flow when Elcatonin was administrated may reduce the lowerness of the bone volume by restraint of the bone absorption.
掲載誌名
広島大学医学雑誌
49巻
6号
開始ページ
159
終了ページ
170
出版年月日
2001-12-28
出版者
広島大学医学出版会
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
0018-2087
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
医歯薬学総合研究科
他の一覧