このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 604
本文ファイル
別タイトル
Clinical Investigations of Hemodynamics of Obstructive Cerebrovascular Disease by Measurement of Cerebral Circulation Time by Using Intra-arterial Digital Subtraction Angiography : Theory of the measurement and normal value
著者
畠山 尚志
キーワード
Cerebral circulation time
Intra-arterial digital subtraction angiography
Time density curve
NDC
医学
抄録
経動脈注入法によるdigital subtraction angiography(IA-DSA)を用いて脳循環時間(cerebral circulation time : CCT)を測定した。脳循環動態把握におけるCCTの臨床的有用性を検討する目的で, その基本となる正常例の検討を行った。正常例57例(男性31例, 女性26例, 平均年齢51.2歳)におけるCCTの平均値は3.87秒であった。左右差はなく, 再現性も良好で, 年齢的にも20~70歳の間では0.4秒以内の差であり, 極めて安定した脳循環の生理学的指標であることが判明した。ただし女性3.59±0.45秒に対して, 男性4.15±0.54秒と, 女性において有意にCCTが短いという性差が認められた(p<0.001 : unpaired t-test)。
抄録(英)
The author estimated the cerebral circulation time (CCT) by using intra-arterial digital subtraction angiography (IA-DSA). The CCT was defined as the time interval of the time density curve between the arterial peak and the venous peak. Normal control values are necessary for routine clinical analysis of the CCT to evaluate cerebral hemodynamics. The author measured the CCT of 57 normal individuals, and the mean CCT of them was 3.87±0.57 seconds. There was no significant difference between right and left, and the reproducibility was good. The 70 decade of age persons showed later CCT of 0.4 seconds than the 20 decade of age persons, but there was no difference. Therefore, the CCT is considered as the extremely stable physiological parameter to analyze the cerebral circulation. However, the CCT of men was significantly longer (4.15±0.54 seconds) than that of women (3.59±0.45 seconds) (p<0.001 : unpaired t-test).
掲載誌名
広島大学医学雑誌
49巻
1号
開始ページ
25
終了ページ
32
出版年月日
2001-02-28
出版者
広島大学医学出版会
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
0018-2087
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
医歯薬学総合研究科
他の一覧