このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41236
本文ファイル
別タイトル
Emergency Cesarean Section in a Pregnant Woman with Aspirin Intolerance
著者
尾崎 由佳
杉浦 孝広
梶谷 美砂
金子 武彦
キーワード
アスピリン不耐症
アナフィラキシー
麻酔
帝王切開
aspirin-intolerance
anaphylaxis
anesthesia
cesarean section
NDC
医学
抄録(英)
We report a 38 year-old parturient with aspirin-intolerance who underwent 2nd emergency cesarean section. She underwent a skin test because of multi-drug allergy, and the results suggested that spinal anesthesia could be acceptable. She underwent spinal anesthesia and both she and the baby were well. There was no adverse event during the cesarean section. We considered that it is quite important to recognize the potential complications and to focus on the risk factors preoperatively to prevent anaphylaxis.
内容記述
本論文の要旨は,第40回日本集中治療医学会学術集会(2013年,松本)にて発表した。
掲載誌名
麻酔と蘇生
52巻
3号
開始ページ
63
終了ページ
66
出版年月日
2016-09-20
出版者
広島麻酔医学会
ISSN
0385-1664
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
医歯薬保健学研究科
他の一覧