このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49495
本文ファイル
k8198_1.pdf 119 KB
k8198_2.pdf 228 KB
別タイトル
内視鏡的非治癒切除となった大腸T1 癌治療後の予後 1)大腸T1 癌に対する先行したESD は追加外科手術後の予後に影響を与えない 2)LST T1 癌治療後の長期予後
著者
山下 賢
内容記述
内容の要旨, 審査の要旨
言語
英語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
権利情報
(c) Japanese Society of Gastroenterology 2019
(c) Springer-Verlag GmbH Germany, part of Springer Nature 2019
関連情報
Yamashita, K., Oka, S., Tanaka, S. et al. Preceding endoscopic submucosal dissection for T1 colorectal carcinoma does not affect the prognosis of patients who underwent additional surgery: a large multicenter propensity score-matched analysis. J Gastroenterol 54, 897-906 (2019)
Yamashita, K., Oka, S., Tanaka, S. et al. Long-term prognosis after treatment for T1 carcinoma of laterally spreading tumors: a multicenter retrospective study. Int J Colorectal Dis 34, 481-490 (2019)
関連情報URL
学位記番号
甲第8198号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(医学)
学位名の英名
Doctor of Philosophy in Medical Science
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
2020-03-23
部局名
医歯薬保健学研究科
備考
全文は、出版社の規定によりリポジトリでの公開が認められておりませんので、関連情報URLをご覧下さい。