このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40548
本文ファイル
k6969_3.pdf 194 KB
k6969_1.pdf 162 KB
k6969_2.pdf 166 KB
別タイトル
冠動脈ステント内再狭窄に対する冠動脈形成術の周術期心筋傷害への検討
著者
下永 貴司
NDC
医学
言語
英語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
関連情報(references)
・Takashi Shimonaga, Satoshi Kurisu, Noriaki Watanabe, Hiroki Ikenaga, Tadanao Higaki, Toshitaka Iwasaki, Ken Ishibashi, Yoshihiro Dohi, Yukihiro Fukuda and Yasuki Kihara; Myocardial Injury after Percutaneous Coronary Intervention for In-Stent Restenosis Versus de novo Stenosis; Internal Medicine, Vol.54 (2015) No.18, 2299-2305. (doi: 10.2169/internalmedicine.54.5003)
関連情報URL(references)
http://doi.org/10.2169/internalmedicine.54.5003
学位記番号
甲第6969号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(医学)
学位名の英名
Doctor of Philosophy in Medical Science
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
2016-03-23
部局名
医歯薬保健学研究科