このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39066
本文ファイル
別タイトル
A Case of Hiatal Hernia with Upside Down Stomach and Incarcerated Transverse Colon Successfully Treated by Laparoscopic Floppy Nissen Fundoplication
著者
竹原 寛樹
丸山 憲太郎
西原 雅浩
金沢 景文
杉本 聡
高山 昇一
西原 政好
岡 博史
キーワード
upside down stomach
食道裂孔ヘルニア
腹腔鏡下手術
Esophageal hiatal hernia
Laparoscopic surgery
NDC
医学
抄録
症例は50歳の女性。食後の呼吸困難感のため近医より紹介受診となった。上部消化管造影検査では胃全体が縦隔内に脱出していた。またCT検査では横行結腸の縦隔内への脱出も認めた。以上より,横行結腸嵌入を伴う upside down stomach を呈する食道裂孔ヘルニアと診断し腹腔鏡下手術を行った。食道裂孔より縦隔内の胃や横行結腸を腹腔内に還納したが虚血を疑う所見や狭窄所見は認めなかった。開大した食道裂孔を縫合閉鎖した後にメッシュを用いた食道裂孔の補強と floppy Nissen 法による噴門形成術を施行し,術後経過は良好であった。食道裂孔ヘルニアへの横行結腸嵌入はまれな病態であるが,狭窄・壊死・穿孔のため緊急手術の報告もあり早期に手術治療を行う必要があると考えられた。
抄録(英)
A 50-year-old woman suffering from dyspnea after meals consulted a nearby hospital. In the upper gastrointestinal series, the whole stomach had herniated into the mediastinum. An abdominal CT scan showed the transverse colon to have prolapsed into mediastinum. Esophageal hiatal hernia with upside down stomach and incarcerated transverse colon was diagnosed, and laparoscopic surgery was performed. We returned the stomach and transverse colon to the abdominal cavity, they didn’t become ischemic and constricted. We sutured a dilated opening of hiatal hernia by simple crural closure, additionally closed with a mesh, and a floppy Nissen fundoplication was performed. The postoperative course of the patient was uneventful. Although hiatal hernia with incarcerated transverse colon is very rare, it was necessary that surgical treatment was performed earlier because some emergency laparotomy were reported with transverse colon resection.
掲載誌名
広島大学医学雑誌
62巻
1-6号
開始ページ
1
終了ページ
6
出版年月日
2014-12
出版者
広島大学医学出版会
ISSN
0018-2087
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2014 広島大学医学出版会
部局名
医歯薬保健学研究科
他の一覧