このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48336
本文ファイル
Thumnail k7931_1.pdf 125 KB
Thumnail k7931_2.pdf 131 KB
Thumnail k7931_3.pdf 922 KB
別タイトル
HRC遺伝子変異は発作性心房細動患者におけるカテーテルアブレーション後の再発の遺伝的予測因子となる
著者
網岡 道孝
言語
英語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
権利情報
(c) 2019 Amioka et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited.
関連情報
Amioka M, Nakano Y, Ochi H, Onohara Y, Sairaku A, Tokuyama T, et al. (2019) Ser96Ala genetic variant of the human histidine-rich calciumbinding protein is a genetic predictor of recurrence after catheter ablation in patients with paroxysmal atrial fibrillation. PLoS ONE 14(3): e0213208.
関連情報URL
学位記番号
甲第7931号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(医学)
学位名の英名
Doctor of Philosophy in Medical Science
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
2019-05-23
部局名
医歯薬保健学研究科