このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48264
本文ファイル
別タイトル
Evaluation of a neonatal pain care education program
著者
小澤 未緒 学術院医歯薬保健学研究科 広大研究者総覧
キーワード
痛み
新生児
NICU
痛みのケア
教育プログラム
pain
Neonate
neonatal intensive care unit (NICU)
pain care
education program
抄録
【目的】
NICUにおける痛みのケアを向上させるために作成した2日間集中型の教育プログラムの効果を評価することを目的とした.
【方法】
総合周産期母子医療センターNICUに勤務する看護師を対象に,本プログラムの実施直前,直後,3か月後 6か月後に,無記名ID式質問紙調査を実施した.調査内容は,新生児の痛みのケアに関する知識および学習目標への主観的評価とし,データは繰り返しのある一元配置分散分析とBonferroniの多重比較によって検討した.また,6か月後にはグループインタビューを実施した.インタビュー内容は,本プログラムへの参加による参加者自身および医療スタッフや施設における変化とし,内容分析の方法(Mayring’s guidelines)を用いて分析した.
【結果】
34名のNICU看護師が参加し,6か月評価の時点で2名が脱落した.新生児の痛みのケアに関する知識はF(3, 97)=161.41,p<0.001,学習目標への主観的評価はF(3, 97)=57.51,p<0.001であり,いずれも向上した.また,インタビューから,ポジティブな変化として「継続的な知識の習得」「新生児ケアの再認識」「家族の参加支援」「医療スタッフへの知識の提供」「ケア環境の整備」の5つのカテゴリーを抽出できた.
【結論】
質問紙調査およびグループインタビューによって,本プログラムの効果を確認することができた.本プログラムは,今後もNICU看護師をサポートし,ひいては,わが国のNICUにおける痛みのケアの向上に役立つものと考える.
抄録(英)
Objectives: The purpose of this article was to evaluate a 2-day centralized neonatal pain care education program that we developed to improve pain care in the NICU.
Methods: To evaluate the effectiveness of the program, an anonymous (ID-type) structured questionnaire and group interview were used. The questionnaire consisted of two parts: a 35-item test of participants' knowledge and a 10-item self-appraisal of learning objectives using a 5-point Likert-type scale. Questionnaire evaluation was performed four times: preprogram, immediately post-program, and 3 and 6 months after. Data were analyzed using one-factor repeated measures ANOVA with Bonferroni correction. The group interview was conducted 6 months later, and participants were asked about 1. changes after attending the program, and 2. the program's ripple effects on medical staff or on pain management by participants. Data were analyzed using Mayring's guidelines.
Result: Thirty four NICU nurses attended the program and two nurses dropped out at the 6-month period after the program. The program improved nurses' knowledge, F (3, 97) = 161.41, p<0.001, and self-appraisal of learning objectives, F (3, 97) = 57.51, p<0.001. The five categories that were considered positive changes in the interview were: continued knowledge acquisition, reaffirmation of neonatal care, support of parents' participation, provision of knowledge to medical staff, and improvement of the care environment.
Conclusion: The effectiveness of this program was confirmed via questionnaire and group interviews. The program shows potential to provide support for NICU nurses and help improve neonatal pain care in Japanese NICUs.
内容記述
本研究は,日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)26293471の助成を受けた研究の一部である.
掲載誌名
日本新生児看護学会誌
23巻
2号
開始ページ
2
終了ページ
9
出版年月日
2017-11
出版者
日本新生児看護学会
ISSN
1343-9111
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 日本新生児看護学会
部局名
医歯薬保健学研究科
他の一覧