このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48262
本文ファイル
別タイトル
Pain care in the NICU: Nurses' perceptions of parents' involvement and their education needs
著者
小澤 未緒 大学院医歯薬保健学研究院 広大研究者総覧
キーワード
痛みのケア
NICU
親のケア参加
教育ニーズ
教育プログラム
pain care
neonatal intensive care unit (NICU)
parents' involvement
education need
education program
抄録
【目的】
NICUにおける痛みのケアを向上させるには臨床で活用できる教育プログラムが必要である.そこで,NICUに従事する看護師の親の痛みのケアへの参加に関する認識および教育ニーズを調査し,痛みのケアの実際的教育プログラムの枠組みを考案することを目的とした.
【方法】
日本新生児看護学会員(会員歴3年以上の205名)を対象者とした無記名式構成型質問紙調査を郵送法によって実施した.調査内容は,回答者の背景,回答者が属する施設における痛みのケアの実施状況,親の痛みのケアへの参加に関する認識痛みのケアに関する教育ニーズとした.データは,記述的に分析した.
【結果】
107名の有効回答を得た.回答者の73%は,新生児の痛みのケアに関する研修会に参加したことがあり,回答者の76%の施設では家族中心のケア理念に基づくことが方針とされていた.大部分の回答者は親のケア参加を肯定し,教育ニーズについては,知識の習得に加え,自分自身や他者(スタッフや親)のために知識を活用できるようになることが求められていた.
【結論】
調査結果より,知識の活用を促す討論・討議・演習型の教育プログラムが望ましく,総時間の62%を占める枠組みの教育プログラムを考案した.
抄録(英)
Objectives : A practical neonatal pain care education program is required to improve pain care in the NICU. Therefore, we surveyed the NICU nurses' perceptions of parents' involvement in pain care and their education needs in order to design a framework for the education program.
Methods : An anonymous structured question survey was sent by mail to 205 nurses who had been members of the Japan Academy of Neonatal Nursing for more than three years. Questions asked were on each respondent's background, pain care circumstances at the NICU to which the respondent was as-signed, perceptions of parents' involvement, and education needs. Data were descriptively analyzed.
Result : In total, 107 valid responses were received. Seventy percent of respondents had taken a seminar in neonatal pain care outside of the hospital. Seventy-six percent of respondents had adopted the hospital philosophy of family-centered care. Most of the respondents affirmed the parents' involvement in pain care and desired further knowledge about neonatal pain care for themselves, staff, and parents.
Conclusion : NICU nurses wish the program to contain much discussion and practice to stimulate use of knowledge. We devised a framework in which discussion and practice account for 62 percent of the total time.
内容記述
本研究は,日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)26293471の助成を受けた研究の一部である.
掲載誌名
日本新生児看護学会誌
22巻
1号
開始ページ
27
終了ページ
33
出版年月日
2016-03
出版者
日本新生児看護学会
ISSN
1343-9111
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2016 日本新生児看護学会
部局名
医歯薬保健学研究科
他の一覧