このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48261
本文ファイル
別タイトル
Mothers' perception of their infant's pain experience in the NICU and their involvement in his/her pain care
著者
小澤 未緒 大学院医歯薬保健学研究院 広大研究者総覧
キーワード
痛みのケア
NICU
親のケア参加
家族中心のケア
paln care
neonatal intensive care unit(NICU)
parents’ involvement
family-centered care
抄録
【目的】
わが国では,処置に付き添う親の心理的負担への配慮により,「親は処置に付き添わない」というのが多くの施設における方針である.そこで本研究では,NICUに入院しているわが子の痛み体験およびケア参加に関する母親の認識を明らかにすることとした.
【方法】
対象は,総合周産期母子医療センターNICUに入院し,回復室に移床後で経過が安定し退院の見通しが立っている新生児の母親とした.調査方法は無記名式構成型質問紙調査(自由記載含む)とし,質問内容は回答者の子どもの背景,わが子の痛みに関する認識,痛みを伴う処置の付き添いに関する認識わが子を痛みから護るための対処への認識とした.データはすべて,記述的に分析した.
【結果】
101名の有効回答を得た.80%の母親がわが子は痛みを感じていると認識し,多くの母親は痛みからわが子を護るために,自らが痛みに気づき,緩和法を実施できるようになること,医療者には最新の知識を持って痛みのケアを行うことを望んだ.78%の母親は痛みを伴う処置に付き添いたいとし,その理由は,「痛みの緩和」「痛み経験の共有」「処置経過の理解」「医療スタッフとの関係性:役に立ちたい」だった.付き添いたくない理由は,「動揺」「医療スタッフとの関係性:信頼し任せる・規則に従う」であった.
【結論】
調査結果より,母親のケア参加を推進していくには,最新の知識に基づき,個別的な母親のニーズをサポートできること,およびガイドラインを参考に痛みのケアを実践し,必要な改善行っていくことが求められていると考える.
抄録(英)
Objectives : Traditionally, Japanese neonatal intensive care units (NICUs) have avoided involving parents in infant pain care out of consideration for the feelings of the parents. Therefore, we surveyed mothers' perceptions of their infant's pain experience and their involvement in the child's pain care.
Methods : An anonymous structured questionnaire (including comment fields) was sent by mail to 173 mothers whose infants had been admitted to an NICU, transferred to a growing care unit (GCU), and scheduled for discharge from the hospital. The questions asked concerned the background of the respondent's infant, their infant's pain experience, and their involvement in infant pain care. All data were descriptively analyzed.
Result : In total, 101 valid responses were received. Eighty percent of the respondents thought that their infant had experienced pain. Many of the respondents wished to have skills in pain assessment and relief, and wanted medical or nursing care to be carried out using the most up-to-date knowledge about neonatal pain. Seventy-eight percent of respondents wished to be with their infant during painful procedures to provide pain relief, share the pain experience, understand the process of the painful procedure, and develop a relationship with medical staff (they wanted to help medical staff during the painful procedure). The reasons "not to attend" were agitation and the relationship with medical staff (they entrusted the painful procedure to the medical staff; they obeyed the rules).
Conclusion : It is necessary that medical staff individually support mothers using the most up-to-date knowledge, and practice based on neonatal pain guidelines in order to push forward with parents' involvement in infant pain care in the NICUs.
内容記述
本研究は,日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)26293471の助成を受けた研究の一部である.
掲載誌名
日本新生児看護学会誌
22巻
1号
開始ページ
20
終了ページ
26
出版年月日
2016-03
出版者
日本新生児看護学会
ISSN
1343-9111
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2016 日本新生児看護学会
部局名
医歯薬保健学研究科
他の一覧